FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年8月9日

間違って8月8日の記事に全て上書きしてしまいました・・・( -_-)
 
ドル円はやや大きめの反発になっていますが、流れとしては円高方向をキープのようです。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年8月9日(木)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは8月9日(木)23:31ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

4時間足が下降トレンドになり、日足も上昇トレンドの上昇波動にしては明らかにおかしい状況。

どうやら売りを考えていく展開のようですね。
15分足は短い調整から下落再開してしまっているのですぐには売ることはできません。
調整を待ちたいと思います。

前日を振り返る

15分足の調整後を売るシナリオでしたが、昨晩はその後15分足がすぐにボトム切り上げで上昇トレンドに転換。
チャートを見ると22時ごろに売れそうに見えますが、この時点で15分足は上昇トレンドなのでここは売れません。

また今朝の5時半頃のところも直前の上昇でトレンドレス→上昇トレンドに転換しているのでここも売るのは不可能ですね。

仕掛けどころはなかったと思います。

今日のシナリオ

4時間足の動きが大きくなってますが一応下降トレンドの下落波動継続の状態です。

60分足が下落波動に戻って勢いよく下がっており、15分足も一気にMAを割り込んで来ています。
この後15分足の調整を待ってから売っていく場面ですね。