FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年8月10日

ドル円は下落基調ではありますが動きに勢いが無くてややわかりにくくなってます(・_・)
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年8月10日(金)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは8月10日(金)20:04ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

時間:23:39

4時間足の動きが大きくなってますが一応下降トレンドの下落波動継続の状態です。

60分足が下落波動に戻って勢いよく下がっており、15分足も一気にMAを割り込んで来ています。
この後15分足の調整を待ってから売っていく場面ですね。

前日を振り返る

15分足の調整後を売るシナリオでしたが、その後15分足が上昇してまたMAの上に戻ってしまいました。
その後はまたMAの下に戻るといった感じで動きがよくわからなくなったので何もしていません。

今日のシナリオ

全体的な傾向は下落だと思いますが、勢いがないので分かりづらい展開になっています。

為替に関しては週末は原則動きませんのでこの後無理して仕掛けずに様子見にしたいと思います。