FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年9月28日

ドル円は上昇した後もみ合いのような形になっています。15分足はちょっと崩れかかっているのでこのまま高い位置をキープし続けることができるか微妙な感じです。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年9月28日(金)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは9月28日(金)21:32ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

シナリオを立てた時間 23:03

4時間足は上昇トレンドの上昇波動。堅調な上昇トレンドと言った感じです。
さて、現在ドル円は急騰になっていて、この後15分足の調整が来れば買っていきたいような形。

ただ、すでに上昇が激しいので出尽くしの可能性もあると思います。
こればっかりは建ててみないと誰にもわからないことですので、とりあえずチャレンジしてみたいと思います。

ですので次の15分足の調整後を買います。
ただし、直近最高値を超えずに調整になり、その後の押しが妙に強い場合は4時間足等、長い時間軸での天井形成の可能性を考えたほうが良いかもしれません。その場合は要注意して、15分足で仕掛けてもロスカットをより厳密にしたいと思います。

前日を振り返る

15分足の調整後を買うというシナリオでした。が、その調整が非常にわかりにくい形で終わって上昇再開( -_-)
横ばいからの再スタートなので仕掛けるのが難しく私には無理な展開でした。

今日のシナリオ

15分足の様子を見ると横ばいから上昇再スタートになったものの、どうも不発になってその後は崩れてしまったような感じです。
週末に入りますのでここから無理して仕掛けずに様子見にしたいと思います。