FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年11月19日

カルロス・ゴーン逮捕でなにか相場に影響は出るでしょうか・・・(´・_・`)
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年11月19日(月)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは11月19日(月)19:42ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

シナリオを立てた時間 20:48

4時間足が75MAの下に出てきてだいぶ時間が経っています。
ということは流れ的に下なのかなぁと思うのですが、なんか今ひとつ勢いは出てこないんですよねえ。

4時間足のチャートを見ると下に支えるものは何もありません。
これで下がらないということは今機能しているのは日足の25MA~75MAということになりそうです。

デイトレとしては4時間足の方向に仕掛けたいので売りなんですけど、この日足が効いてる状況ではちょっと売りにくいですね( ´Д`)

また週末で動かない時間帯に入りますので今日も様子見にしたいと思います。

前日を振り返る

週末なので様子見でした。

今日のシナリオ

4時間足は一応底をうってることになりますが、週末の動かない過程でつけたボトムなのでイマイチ信頼性はなさそう。

デイトレとしては4時間足は一応上昇波動扱いなので様子見ですね。
短い時間軸のチャートもイマイチ形がよくありませんが、60分足が75MAの下を保っていればとりあえず下落の方向性は維持できていると思います。

もしも60-75MAの上側に出てくると4時間足の本格的な調整になると思うのでその場合は15分足チャートの様子が良ければ買いを考えてもいいのかなと思います。

逆にこのまま下がるようであれば4時間足のボトムが実質は決まってないと考えて、売りを狙おうと思います。