日経225先物 2018年5月16日のトレード

方向感がやや無くなりつつあるようです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し60-75

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:8波動目(1波動目かもしれない)

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22910
前日安値:22720
60PB:22780 22670

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22750
CME引け:22745
チャートの尖ったところ:

2018年5月16日(水)のシナリオ

寄り前の状況

大きな流れでは60分足の調整中なんですけど、やたらと時間と値幅を消費する調整になっています。
60-75MAで止まったような感じなのでまだ上昇トレンドは崩れてはいませんが、妙にモタモタしている感じです。
60分足は25本の上昇波動に対して下落波動が既に19本と、とても勢いのある上昇トレンドには見えないんですよねえ。

方針としては一応買いを考えたいと思います。
60分足75MAを割り込むこと無く、15分足が高値切り上げのトレンドレスになった時点で一応60分足も底打ちだろうと考え、15分足上昇波動における5分足の調整後を買っていこうと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22780を超えてくると15分足が高値切り上げのトレンドレスになるので、60分足も底打ちとみなしてその後の5分足の調整から買っていく。

ギャップダウンで寄った場合

60-75MAを割ると上昇トレンド継続がかなり怪しくなってくるので様子見重視。

トレード内容

場中の印象

8:45 ギャップダウンでスタートして60-75MA割れ。これはいけない(›´ω`‹ )

10:09 60-75MAの上に戻るかな?と観察しているんですが、あまりそういう感じになってこないですね。
というか動きが何も出てこないんですよねえ。
もし上昇トレンドが継続しているのであればMAに当たれば素早く跳ね返るはずです。
しかし、現状そういった感じではないのでトレードに向いた状態では無いと思います。

12:03 全然動かないですね。そして60分足MAの下側で推移するようになってきました。

12:39 もう見るのやめようかなと思ったらなんか上に動いてきましたね。ようやく60分足の調整が完了したんでしょうか・・・?(・_・)

12:59 GBだと60分足が底打ちして15分足も安値同値高値切り上げの上昇トレンドなので5分足赤1から買えそうな展開です。

13:55 上に向かうのかと思ったら全然ダメみたいですね。

結局今日もグダグダで明確な動きは出ませんでしたね。
昨晩のナイトを見ていると端数約定もチラホラ出ているようで、現在はあまりデイトレに向いた良い状態では無いと思います。

今日はこのへんで終了にします。おつかれさまでしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)
(2)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: