日経225先物 2018年5月24日のトレード

日経225先物はナイトセッションで一旦底打ち。
今は60分足の調整に入っています。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA トレンドレス


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 日通し15
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し15-75

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22950
前日安値:22470
60PB:22700

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22620
CME引け:22620
チャートの尖ったところ:

2018年5月24日(木)のシナリオ

寄り前の状況

60分足の調整に入っていて15-75MA(60-25MA)に接触して引けています。
まずこの抵抗帯で上昇が止まって下落再開になるのかどうかに注目です。
寄った後下落再開のような形になれば5分足の調整後を売っていきます。
まだ上昇が続いて調整継続なら基本的に様子見ですが、場合によっては買いも考えてみたいと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見。

ギャップアップで寄った場合

様子見。勢いがあるようなら60-75MAまでの調整を取りに買っていく。

ギャップダウンで寄った場合

60分足の調整完了の可能性が高まるので売りを考えていく。
ただ、まだ調整の値幅も時間も足りないとは思うのでダマシに注意する。

トレード内容

場中の印象

9:37 ここまで下がるってことは60分足の下落再開と考えて良さそうですね。
調整が短期間で終わってるので相当弱いのかもしれない(・_・)

14:04 赤転を挟んで再下落になっていますが、動きに勢いは無くなってしまった感じです。
ここから売っていくのもやりにくいし今日はもう終了かなぁという印象。

14:37 下がりきれずに5分足は青2で終了して赤転。
なんかあまり伸びませんでしたね。

今日はここで終了にします。
本日は序盤の5分足の調整後を仕掛けられたのでそれでまずまず良いんじゃないでしょうか(・∀・)
それではまた明日m(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)9:40の足の22500から22560を経て10:20の足の22540割れを売る
(2)

売買の判断理由

(1)9:40の足の22500から22560を経て10:20の足の22540割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:1波動目
・5分足:青1
・B値幅:-110+10
・支持抵抗:5-75MA
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:下
・日足大陰線
5分足の初戻し後の下落再開だったので売りました。珍しくあまり悩んだりせずに取り組めた気がします(・_・)

建玉後:なんかあっさりと利確ラインまで到達しましたね。珍しいこともあるもんです( ´Д`)
少し約定が滑ったので失敗したかなぁ・・・と思ったのですが、勢いがある時はこういう風にあっさり行くのかもしれません(・_・)

売買譜

(1)9:40の足の22500から22560を経て10:20の足の22540割れを売る
22525- 1-
-22495 0-0
小計:+30
本日合計:+30