日経225先物 2018年6月20日のトレード

225先物は60分足のボトムが確定後15分足が細かくピークとボトムを付けています。
調整であまり上がってこないので下落の勢いがまだ残ってそうです。
下落再開になったらまた一段安になるのかもしれないですね。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要はPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し15
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22570
前日安値:22070
60PB:22540

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22210
CME引け:22210
チャートの尖ったところ:

2018年6月20日(水)のシナリオ

寄り前の状況

まず、昨日は場が見られませんでしたが順調な下落だったようですね。
しかもかなり仕掛けやすそうな展開だったようで・・・( ´Д`)

現在60分足は下降トレンドの上昇波動で調整中。
15分足は波動数が多くなっていますがさっぱり上がってこないという状況です。
60-25MAに近くなっているのでここから下落再開できるかに注目。
15分足の直近安値22140を下抜けば60分足もピークが決まりつつあるのだろうと判断し、短い足の調整から売っていこうと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見。

ギャップアップで寄った場合

もし60-25MAを超えてきた場合はまだ調整が続くかもしれないので様子見。
ただ15分足の経過波動数を考えるとここからの買いはやらない。

ギャップダウンで寄った場合

22140を割ってくれば60分足が下降トレンドの下落波動に戻ったのであろうと判断して短い足の調整後を売っていく。

トレード内容

場中の印象

9:02 9時のタイミングで下がるかなぁと思っていたんですが、そうならずに少し上がってます。
60分足の調整継続なんでしょうか(・_・)

9:53 5分足が青転して15分足も下向き。これで60分足のピーク確定につながって来るんですかねえ。

10:41 チャンスを伺っていたんですが、なんか妙に戻しが大きいですね・・・。
ちょっとこれでは売れないのでもう少し様子見にします。

14:17 上昇するばかりでどうやら60分足の調整が継続の1日だったようです。
私は買いは考えないつもりだったのでやることがありませんでした。

今日はこの辺で終了にしたいと思います。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: