日経225先物 2018年6月22日のトレード

225先物は60分足がかろうじて上昇トレンドをキープ。しかし押しが深すぎてこのまま上昇継続できるのかはなんだか微妙な感じです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA トレンドレス


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要はPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中5 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中60-75 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22740
前日安値:22360
60PB:22540 22530 22360

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22390
CME引け:22390
チャートの尖ったところ:

2018年6月22日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足はなんとか上昇トレンドを保っていますがほぼ前戻しで勢いは無くなっています。
まだ60-75MAを完全に割り込んではいないのでここから反転の可能性もありますがMAタッチからすかさず反転する形ではないので勢いはなさそうです。
仮に寄ってから上昇しても60-25MAでフタをされて下に向かうパターンになるかもしれないので注意したいですね。

まずは様子見から入ろうと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

様子見

ギャップダウンで寄った場合

22350を割ると60分足が重要なPBで下降トレンドに転換。
よって売りを考えていく。

トレード内容

場中の印象

9:01 9時を過ぎてもこれと行った動きが出てきませんでした。まだしばらく様子見にします。

11:37 なんか全然動かないですね。5分足もとても細かい波動になっていてこれでは何もできません。
12時半で動かなかったらもう見るのやめようかしら。。。

12:48 少し下に動いてきていますが、まだ22350を割るような動きにはなってません。
やめても良いんだけど、もうちょっとだけ付き合おうと思います。

13:37 動きがはっきりしないままですね。この後大きく動いてその調整を待ってから仕掛けるとなるともう残り時間的に足りないと思いますので私は終了にしたいと思います。

今週は火曜日が一番動きが素直でやりやすかったんじゃないでしょうか。
私はその日に限って場が見られなかったのが残念でしたがまた来週頑張りたいと思います。

それではよい週末をm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: