日経225先物 2018年7月17日のトレード

225先物は海外市場での終値から金曜引けの時点を引き継ぎそうな雰囲気です。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し5 15
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中15 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:4波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22670
前日安値:22380
60PB:22300 22240

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22580
CME引け:22540
チャートの尖ったところ:

2018年7月17日(火)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は調整に入っていますが、価格はあまり下がらず時間の調整になっています。
1日休日を挟んでいますので寄りがどう動いてくるか分かりません。

基本は上昇トレンドなので買いを考えていきますが、
始まった後の動きを見て作戦を考えたいと思います。

寄り後の方針

買いを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22670を超えてくれば5分足の調整から買い。
それより下のギャップアップなら様子見。

ギャップダウンで寄った場合

22530を下回ってくると15分足が下降トレンドになるので注意。
もし22500まで下抜いてくると60分足が下降トレンドに転換するが75MAの遥か上なのですぐ売るのは止めておく。

トレード内容

場中の印象

9:18 寄った後少し下を試してから上昇してきました。
どうやら60分足も上昇再開と考えても良さそうかも・・・という雰囲気になっています。
じゃあデイトレとしてどう考えるのかですが・・・。
できれば22670の前日高値を超えてから調整に入ってほしいのですが、問題はその手前で一旦上昇が終わった場合。
思い切って買うかそれとも曖昧度が高いと考えて見送るか・・・( -_-)
私はその場合は見送ろうと思います。

10:13 前日高値を20円だけ超えて一旦終了。5分足の調整に入っています。
20円は微妙ですねえ・・・。しかし悪いわけでもない。

10:19 なんかあっさり利確(・_・)
結局あれこれ考えるのは無駄ってことでしたね。
利益は良いんですが、粛々とルール通りやり余計なことを考えないようにもっと訓練せねば。

10:21 収穫としてはこれまでの自分なら見送ってたポイントを新たに仕掛けることができた点でしょうか・・・。
この調子で着実にパターンを増やしてなんとかつなげていきたいところです。

10:45 パパっと上がった後はさほど伸びずに下がってきました。
運良く利確できただけだったのかしら・・・(・_・)

13:37 午後に入ってもリズミカルに上がり続けています。
ですが、すでに5分足は赤5ですし、暑すぎて集中が持たないのでもう今日は終わりにします。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

(1)のところは今までだと躊躇していたところを頑張って仕掛けることができたので良かったと思う。
分析の精度を上げつつ、試行回数をもっと増やす方向で取り組みたい。

エントリーの判断

(1)9:50の足の22690から22640を経て10:20の足の22670超えを買う

売買の判断理由

(1)9:50の足の22690から22640を経て10:20の足の22670超えを買う
・60分足:上昇トレンドの上昇波動
・15分足:
・5分足:赤2
・B値幅:+110-20
・支持抵抗:5-9MA、IR30
・大きな流れ:上
・当日のトレンド:上
若干支持が不安でしたが、弱いながらも一応2つ揃っていると考え、思い切ってチャレンジしました。
問題は約定が滑って、やや不利になった点・・・( -_-)

売買譜

(1)
-22685 -1
22715- 0-0
小計:+30
本日合計: