日経225先物 2018年7月23日のトレード

225先物は60分足の下降トレンドが継続しています。
方向性としては売りですね。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中15 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中15-75 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22850
前日安値:22480
60PB:22510 22740

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22530
CME引け:22525
チャートの尖ったところ:22850

2018年7月23日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は下降トレンドの下落波動。ナイトの後半は膠着でしたがトレンドが変わったわけではないので売りを考えていきます。

現在5分足は小動きで方向性が無し。15分足は下降トレンドの下落波動中ですが勢いは出ていません。

5分足は青3なのでここから下落に乗るのはちょっと難しそう。かと言ってじゃあ寄りから上がるのを待つのかとなると、15分足が上昇トレンドになってしまいそうなんですよねえ( ´Д`)

ちょっとやりにくい感じなのでまずは寄り付きを見てからどうするか考えたいと思います。

寄り後の方針

基本的には売りを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

22610を超えると15分足が上昇トレンド転換。
60分足のボトム確定に繋がるのかどうかを注意しておく。

ギャップダウンで寄った場合

22480を下抜いてくれば下落継続と考えて売りたいが、60-200MA、日足の75MAがすぐ下にあるのでここが抵抗になりそう。
売り自体はトレンドにあってるけど抵抗帯のことはよく考えておく。

トレード内容

場中の印象

9:30 前日安値を割って寄った後、下がる展開で売るかどうか思案していたのですが、9時半のタイミングでそのまま更に下落。

ただ、下に日足の75MAがあるので一発でそのまま割れる可能性はあまり高くないと思うんですが・・・。

とりあえず今の下落にここから乗ることはできないので観察を続けます。

13:03 朝から急いでやらないといけない用事があったのであまり場を見られませんでした・・・( -_-)
で、結局じわじわと下がる展開になってますが、日足の75MAをまだ割り切れてないですね。
とりあえず今日はもう観察だけにしておこうと思います。

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: