日経225先物 2018年8月3日のトレード

225先物は60分足の調整波動がかなり強い勢いで上昇してきています。
どうもトレンドに継続性が無いですねえ( ´Д`)
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し60
【収斂MAへの接触】日中 日通し60
【MA通過後初接触】日中 日通し60-75

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22740
前日安値:22370
60PB:22780 22690 22570

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22570
CME引け:22575
チャートの尖ったところ:22670

2018年8月3日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで下降トレンドなのですが、戻しの勢いがかなり強く下降トレンド継続かどうかかなり怪しいと思います。

ただ60分足はMAが収斂したポイントに当たっていますのでここから下落再開できれば問題なさそうです。

寄った後下がり、60分足のピークが決まるのを待って売っていきたいと思います。

もし上昇したらトレンドが不明瞭になるので様子見ですね(・_・)

寄り後の方針

売りを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

60分足が75MAの上に出てきた場合は様子見。

ギャップダウンで寄った場合

60分足が下がってピーク確定っぽくなったら短い足の調整から売りを考えていく。

トレード内容

場中の印象

8:53 高く寄り付いて60分足75MAの上に出てきました・・・。
これでトレンドが曖昧になってしまったので様子見にします(´・_・`)

9:17 上かと思ったら下がり、そして今度は5-75MAで支えられるという展開。60-25MAで支えられてるようにも見えますし、ちょっとよくわからないですね。

11:56 暑くて原稿書きがなかなか進まず場が全然見られませんでした。
7月から作業効率が落ちまくってて厳しい・・・( -_-)

相場の方は下の流れが継続みたいですね。
ただすでに5分足が青3で、どうやら私の出番は今日はもうなさそうです( ´Д`)

13:20 端数の約定で意図的に5分足を上向きに持っていったりしててトレードにはあんまり向いてない環境だと思います( ´Д`)

それにしても今日もとんでもなく暑いですね・・・。
もう見るのやめようかしら(T_T)

13:40 動きもよく分かりませんし暑すぎるしもう見るのやめます。
今週もお疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: