日経225先物 2018年11月12日のトレード

225先物は60分足の75MAを大きく割り込んでいます。
下落時間も長くなっており、トレンド転換に向かいそうですね。
今週の目標:シナリオをより綿密に立て、立てた内容に従う!
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 トレンドレス

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中15  日通し5
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

機能してそうな支持抵抗

日通し15-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:トレンドレスの下落波動
15分:10波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22490
前日安値:22000
60PB:22580 22300 21940 21840

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22140
CME引け:22125
チャートの尖ったところ:

2018年11月12日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足はPB図では上昇トレンドのままなんですが、価格が75MAのずっと下まで下がっていて下落時間もすでにかなり長くなっています。
以上から上昇トレンドではもうなくて、トレンドレスであると判断しました。

ただ、明確に下降トレンドであるのとはまた違いますので、積極的に売るには60分足の状況を無視して5分足と15分足だけで判断しなければなりません。
それはそれでまたなんか違うだろうという感じなんですよねえ(・_・)

ということで、デイトレとしては様子見でのスタートにします。
わかりやすいのは60分足が安値切り下げのトレンドレス(重要なPBで下降トレンド)になることですが、そういう形になれなければ当分の間様子見になりそうです。

寄り後の方針

様子見でスタート。60分足のPB図が正式に上昇トレンドではなくなるまで売りはやらない。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

9:35 低く始まったあと上に向かって動き出しています。どうも60分足のボトムが決まりそうな感じですね。
ここで決まると60分足のPB図が上昇トレンドのままなのでまだ売ることができません。
しかし、チャートを見ると60分足MAの収斂ポイントに下から当たっている感じになりそうなので、この後MAで当たって下がれば60分足のピークでも決まれば60分足がトレンドレス→更に今ボトムになろうとしている22000のところを割って下降トレンド転換というストーリーが見えてきました。

もっとも22000がボトムにならないとこのストーリーは成立しないのですが・・・( ̄o ̄;)

14:21 60-75MAに当たってすぐに下がるのかと思ったらそんな事も無くなんだか粘ってます。
うーん1日良くわからない展開で終わってしまいました。

残り時間を考えるともうトレードチャンスは無いので終了にします。
お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: