日経225先物 2019年3月8日のトレード

SQが明けてどんどん下がる展開になっています。
今週の目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!、当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

15-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:15波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21530
前日安値:21010
60PB:21280 20820

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21080
CME引け:21090
チャートの尖ったところ:

2019年3月8日(金)のシナリオ

寄り前の状況

ナイトセッションの動きを見ると、限月切り替えのギャップの処理はもう済ませた上での下落じゃないかなぁという雰囲気です。

15分足の波動数が多くなっているのはきになりますが、一応売りを考えていこうと思います。

寄り後の方針

売りを考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

9:24 つなぎ足で見ると15-25MAが抵抗帯として機能しているように見えますが、あくまでもつなぎ足なので信頼性がそこまで高いかはわかりません。
6月限単独で見ると、昨日15-75MAまで一度チャレンジしてますしね。

11:26 原稿書きがようやく一段落( -_-)
どうやらすでに仕掛けどころがいくつかあったようですね…。
9時10分の足のところは寄り後間もなくで無理だったと思いますが、9時50分の足のところは抵抗帯も5-75MAではっきりしてるので狙えたんじゃないかと思います。
残念ですが仕方ないです。

13:19 5分足は一度赤転した後そのまま下がり続けています。
この後戻しを待っても残り時間から引けまでに仕掛けるのは難しそうなので終了にしたいと思います。

メジャーSQが終わったので来週からは素直な動きになるんじゃないでしょうか。
お疲れ様でしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: