日経225先物 2019年5月15日のトレード

下落が一転して上昇に向かっています。60-75MAを超えられるでしょうか。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15 60
【収斂MAへの接触】
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:6波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21190
前日安値:20750
60PB:21590 21510 21420 21070 21060 20750
支持抵抗(弱)
ナイト引け:21150
CME引け:21135
チャートの尖ったところ:

2019年5月15日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は下降トレンドの上昇波動で抵抗帯である60-75MAに接触して引けています。
ちょっと収斂しきってないですが各分足ともほぼ収斂したような感じで大切なポイントに差し掛かってる気がしますね。

デイトレとしては60分足が下落波動に戻った後の売りを考えたいと思います。
60-75MAを超えること無くすんなり下落に戻れるでしょうか。

寄り後の方針

売りを考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

60-75MAを超えてもまだ60分足は下降トレンド継続ではあるが流れがおかしくなるので様子見に切り替え。

ギャップダウンで寄った場合

下落継続と判断して5分足の調整後を売っていく

トレード内容

場中の印象

10:11 寄りから下落して60分足のピークが決まったのかなぁという状態。そして5分足が調整になり更に下落再開というそこそこよさそうな状況になりました。
が抵抗帯がよくわからないところから下落再開したので見送りました( -_-)

11:26 60-75MAで跳ね返されて下がったはずなのに、5分足75MA突破に向かうというちぐはぐな動き。そして5-75MAで今度は蓋をされて跳ね返されています。
なんか動きが噛み合ってないですね…。

13:07 結局5-75MAを下から突破してきました。
なんか日中の時間帯ってもうずっとトレンド方向と動きが全然噛み合ってないんですよねえ。ナイトセッション中心に移ったほうが良いのかもしれない…。
とりあえず今日はおしまいにします。
お疲れ様でしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:40の足の20960から21010を経て10:10の足の20980割れを売る

売買の判断理由

(1)9:40の足の20960から21010を経て10:10の足の20980割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動(仮)
・15分足:1波動目(仮)
・5分足:青3
・B値幅:-170(-160)+20
・支持抵抗:?
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:未定
・日足大陰線

寄りから下落していて勢いは感じます。この勢いに乗るというのもいいかと思いましたが…、60分足がピークを付けたと仮定しないといけない、5分足がすでに青3、抵抗帯がよく分からないとやり辛さを感じたので見送り。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: