日経225先物 2019年5月27日のトレード

60分足は下降トレンドが継続。売りを考える事になるのですが、15分足が75MAで下支えされているようにも見えます…。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】15
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:4波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21190
前日安値:21850
60PB:21430 21400 21190 21050 20810
支持抵抗(弱)
ナイト引け:21130
CME引け:21125
チャートの尖ったところ:

2019年5月27日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は下降トレンドの下落波動中なんですが、15分足が75MAの上に出てきてトレンドレスに転換。しかも、なんだか75MAかつMAが収斂しているポイントで下支えになっている感じです。
そして60分足の動きを見ると75MAでフタ→25MAで下支えという、60分足のトレンド転換にも繋がりかねない動きなんですよねえ(・_・)

寄ってみないとどうなるかわかりませんので、寄りの位置、その後の値動きを見ながらシナリオを考えたいと思います。

寄り後の方針

基本的には売りを考えたいがトレンド転換も十分ありえそう。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

21190を超えた場合:60分足が上昇トレンドに転換するので買いを考えていく。5分足の調整語を書い。

21190~75MAの間:トレンド転換する可能性が高いが確定ではない。21190を超えるまでは買いは見送り。超えてから押し目を待って買う。

75MAよりも下:様子見

ギャップダウンで寄った場

75MA~25MAの間:本当に下落継続かなんとも言えないので様子見。

25MAよりも下:60分足の下落波動継続とみなして戻りを待ってから売っていく。

トレード内容

場中の印象

8:55 高く寄って前日高値にチャレンジする動きになっています。
今60分足は下降トレンドの下落波動中なんですが、とてもそうとは思えないような動きです。
下降トレンド維持がかなり怪しいですね。

9:43 前日高値かつ60分足のピークを超えたことで60分足は上昇トレンドに転換しました。
ということでここからは買いを考えることになります。

10:35 5分足が上昇幅よりも下落幅の方が大きくてとても買えない状況です( -_-)
どうやら様子見が良さそう。

12:21 60分足は75MAを下から突破して上昇トレンドに転換したんだけど、また75MA付近に戻ってうろうろしています。
なんか勢いがありそうで実は全然無いような感じです( ´Д`)
5分足まで75MAの上下をウロウロしている有様で、ちょっとこれじゃトレードできないですね。

早いですけど見てても仕方なさそうなので今日はおしまいにしますm(_ _)m
ナイトセッションの方が動くんじゃないでしょうか(・_・)

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: