日経225先物 2019年10月4日のトレード

60分足は下降トレンド継続だけど、流れは変わっていると思います。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】15
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

5-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22030
前日安値:221650
60PB:22030 21780 21660 21650 21040

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21370
CME引け:21360
チャートの尖ったところ:

2019年10月4日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は下降トレンドを継続していますが急激に下ヒゲで上昇してきています。
そして一気に60-25MAを超えてMAの帯の中に入っているので、このまますんなり下降トレンドが続くかはちょっと怪しそうですね。

デイトレとしては60分足の上昇波動に乗って買うというのもありかもしれませんが、私はそれはちょっとやめておいて、60-75MAで止められる→60-25MAで下支え→60-75MA突破に向うという動きが出てから買いを考えたいと思います。

一方まだ下降トレンドが続く可能性もあるので寄りからいきなり下がった場合は、売りも考えていこうかと思います。

寄り後の方針

寄り後の状況を見て考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:28 考えていたのよりも上がらずに下がってきました。
となると、下降トレンド継続の方が可能性が高いんだろうか…。

11:37 60-75がフタをするのではなく、前日の高値でフタをされて60-25MAで下支えになるような感じです。
ただこれだとこの後上がっても60分足のピークが決まってないのでトレンド転換になるのかが分かりづらいですね…。

12:35 (1)のポイントは堂々と見送り。
これで今日は時間切れなのでおしまいにしたいと思います。
また来週ですね。

おつかれさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)12:00の足の21340から21310を経て、12:30の足の21330超えを買う

売買の判断理由

(1)12:00の足の21340から21310を経て、12:30の足の21330超えを買う
・60分足:下降トレンドの上昇波動
・15分足:3波動目(仮)
・5分足:赤1
・B値幅:+40-10
・支持抵抗:5-75MA?
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:上
・日足大陰線点灯

5分足の動きだけ見てると買えそうかも…と思ったのですが、細かく見ていくと
1.支持がいまいち不明瞭
2.+40であって+50にも達していない
3.日足大陰線点灯中
ということもあって、別に積極的に買うような場面でも無かったようです。
なので見送りました。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: