日経225先物 2019年10月3日のトレード

またナイトセッションで大きく下がりました。ただ、後半はだいぶ落ち着いてきたようです。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:2波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22030
前日安値:221650
60PB:22030 22020 22000 21990 21970 21920 21900 21870 21820 21800 21720 21670  21650

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21780
CME引け:21280
チャートの尖ったところ:

2019年10月3日(木)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は正式に下降トレンドになりました。
売りを考えていくのですが、すでに下落幅も大きいのと、ナイトセッションの後半でだいぶ落ち着いて上昇してきていて、60分足のボトムも決まりそうになっています。

寄った後すぐに下りでもしない限り売るのはちょっと難しそうですね。
まずは寄り付きを見てそこから判断したいと思います。

寄り後の方針

売りを考えるが底打ちしそうなのでよく観察する。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

8:45 今日はいつもより早めに切り上げないといけないので、あまり場は見られないと思います。

10:23 寄り付き後少し上がりましたが、結局下がって最安値を試す動きになっています。
今5分足は調整に入っているので次の下落で最安値更新に向う…と考えるなら売っていけそうですね。
私はこの後場が見られなくなるので今から建てるのは無理っぽいです…。
なので今日は何もせずにこのまま終わりにしたいと思います。
チャンスなのかもしれませんが…。

10:25 チャンスかもと書いたもののよく見たら5分足は下落-100、上昇+40で戻りが大きすぎます。これでは仕掛けられないので結局次下向きになっても私のルールでは見送りです(・_・)

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: