日経225先物 2019年11月27日のトレード

60分足は早くも上昇トレンドの上昇波動に戻っていますが…。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA トレンドレス


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】5 15

機能してそうな支持抵抗

60-25MA(15-75MA)

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:3波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23620
前日安値:23310
60PB:23620 23580 23490 23360 23220 23160 23000 22720

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23410
CME引け:23440
チャートの尖ったところ:

2019年11月27日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドの上昇波動。ただ調整が結構短時間で済んで、値幅もあまり出なかったのでこれで本当に調整が終わってるんだろうか?ってのはちょっと気になります。
それだけ上昇の勢いが強いってことなのかもしれませんが、それにしては調整完了後の上昇波動になってからの動きは緩やかなんですよねえ。

デイトレとしては買いを考えます。
まだ60分足の上昇波動になってからさほど上がっていませんし、上昇トレンド継続なら23620のピークを超えてくるはずです。
ですが、23620のところは昨日の日中に異様な勢いで上ヒゲになって下がったのでここは何らかの抵抗が強いのではないかと思われます。

23620まで距離がない状態で仕掛けても一旦跳ね返されるかもしれないので注意ですね。

寄り後の方針

買いを考える。まずは短い足が75MAの上に大きく出た後の調整待ち。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

12:34 今日は朝からものすごく忙しくて場が全く見られませんでした。
で、この後もものすごく忙しいので場は見られそうもありません( -_-)

ということで、お疲れさまでした…( ´Д`)

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: