日経225先物 2020年9月23日のトレード

流れとしては下なんですが、しぶしぶ下がってる感じで勢いがありません。
また日足の25MAが支持になってるのも気になります。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド(重要なPBは上昇トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

15-75MA、60-25MA、日足-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:11波動目(2波動目かもしれない)

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23280
前日安値:23060
60PB:23420 23370 23360 23240 23190 23151 23110 23060 22720

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23240
CME引け:22885

2020年9月23日(水)のシナリオ

寄り前の状況

まず、先週金曜日は値動きに乏しく、PB図の15分足ピークボトムはほぼ動きがない中で仕方なく付けたという感じになっています。ですのでPB図自体にあまり信頼性が無いような気もします(´・_・`)

とはいえ、PB図で判断しないといけないのでとりあえず読み取りをやってみると…、
60分足は下降トレンドの下落波動中です。
そして金曜ナイトセッションの最後のところで、それまで変化に乏しかったのに割と大きな動きになっています。60分足が底打ちしたのかな?というような感じにも見えます。

しかし15分足を見ると、強く上昇してきたものの、結局15-75MAでフタをされてまた下がりだしてるようにも見えるんですよねえ。なんとも判断がしづらいところです(´・_・`)

で、ヒントを求めて日足のチャートを見てみるのですが、

この225先物2020年12月限というのはどうも

日足の200日線までたまに不意に強く押し込まれる→その後は戻しつつ25MAまでの下落で止まる

という動きを最近はしているというパターンがあるっぽいですね。
このパターンもいつかは崩れるんだろうと思いますが、一応日々「トレンドは継続する」という大前提に立ってトレードしているので、このパターンを見逃すわけにもいきません(・_・)

前回200日線まで押したのと、前々回押した時の期間は32日(カウントは31日でもいいかも)のようです。
で、前回の200日線押し込みから現時点では35日になっています。
常に間隔が同じなるという決まりなんてどこにも無いわけですが、
でもまあ前と同じくらいのスパンで似たようなことが起こるかも?ぐらいには少し考えておいてもよさそうです。

ということでトレンドがはっきりしない中でなんとかヒントはないものか?と強引にこじつけてみました(^_^;)

で、デイトレとしては60分足が下降トレンドを続けているので売りを考えます。
現在60分足はちょっと底打ちの雰囲気を出しつつも下降トレンドの下落波動中です。
5分足は赤1ですが+80-50で押しがかなり深い。
これは5分足が下方向にトレンド転換する可能性も高そうですね。

ということで、寄った後5分足が下がって75MAの下に乖離していく動きが出た後の戻しを待ち、その後再下落になりそうなタイミングを測って売りたいと思います。

…と書いた所で実際には連休明けなので大きなギャップアップで始まるかもしれません。
その場合は60分足が底打ちして一旦売りは見送りになるかと思います。

寄り後の方針

基本的に売りを考える。寄り付いた位置で作戦を練り直す。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

23240を超えてくると60分足が重要なPBで上昇トレンドになり、おそらく60-75MAも超えてくると思われる。
その場合売りよりも買いを考えたほうが良さそうなので5分足の調整後を買っていく。

23240~23140(15分足の前のピーク)で寄った場合、15分足が上昇トレンドになり、この場合も実は60分足が底打ちしていて15分足は60分足上昇波動における3波動目になっている可能性が高い。
そのまま上昇して15-75MAを超えてきた場合は5分足の調整後を買っていく。
15-75MAを超えられない場合は判断が難しくなるので、場の状態を見てから作戦を練る。

23140に届かないギャップアップの場合はまだ60分足が底打ちしているかも良く分からないのでとりあえず様子見

ギャップダウンで寄った場

23030より上で寄った場合はなんとも判断できないのでとりあえず様子見

23030より下で寄った場合は前日安値を下回ってくるので60分足の下落波動が続いていると判断、5分足の調整後を売っていく。
ただし、連休を挟んでいるためギャップダウンで寄ったのが底で出オチの寄り底のような感じになる可能性が普段よりも高いと思われる。
闇雲に仕掛けずによく状況を見て判断する。

トレード内容

場中の印象

9:00 低く寄ったんですが、前日(金曜日)の安値が抵抗になってそこを突破できずに上昇しています。
どうも下が固いような感じですねえ。
上に書いてる事前のプランによるとこのパターンは様子見ということなのでしばし観察に留めます。

9:51 下は前日安値、上は5-75MAという狭い範囲に押し込められた感じで推移しています。
上下どちらに突破してくるか様子見継続です。

10:05 前日安値を下抜いてきました。もっと大きく下がって流れがはっきりしてくれればやりやすいんですが、どうなるでしょうか。

10:35 (1)は仕掛けてもいいかなーと思ったんですが、いきなり下がって値が飛んだので戻しを待つことに。しかしその戻しがかなり強くてなんだかもう下落が終わってしまったような雰囲気にも…。
と、書いてるうちに5分足が底打ちしたっぽいですね。
仕掛けなくて正解だったのかも…( ´Д`)

10:39 5分足が赤転してしまいました。(1)は結果的にダメだったけど仕掛けること自体間違いでもなかったと思うんですが…。何が正解なのかはよくわかりません( -_-)

11:53 動きに乏しくこれ以上見てても意味なさそうですね(´・_・`)

今日はここでおしまいにします。
結局(1)は結果として見送ったけど、仕掛けて損切りでもトレードとしては間違いでは無いのかなと思いました。

それではお疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)10:10の足の23020から23040を経て10:30の足の23020割れを売る
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)10:10の足の23020から23040を経て10:30の足の23020割れを売る

  • 60分足:下降トレンドの下落波動
  • 15分足:11波動目?13波動目?
  • 5分足:青2
  • B値幅:-50+10
  • 支持抵抗:5-9MA
  • 大きな流れ:下
  • 当日のトレンド:下

60分足が下落波動継続ということで売っても良さそうな場面です。
ただ仕掛けタイミングで一気に下に動いたので少し戻しを待とうとしていたら、思いの外強く戻し始めたので見送りました(´・_・`)


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: