日経225先物 2020年10月16日のトレード

流れは下のようですが、戻しにそこそこ勢いがあるのが気になるところ。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス (重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】15
【収斂MAへの接触】15分足がそうなりかけている

機能してそうな支持抵抗

60-75MA??

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23570
前日安値:23360
60PB:23720 23690 23650 23620 23610 23570 23530 23500 23480 22430 22420 23250 23220 23130 23120 22940 22870 22840

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23500
CME引け:23500

2020年10月16日(金)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は大きく下がって75MAの下に出てきました。
現状下降トレンドの上昇波動で調整になっています。
ただ、この調整にかなりの勢いがあり、5分足と15分足はすでに75MAの上に出てきています。

値動きを見ると昨晩15分足が23360のところを3回チャレンジして下に突破できなかったのでここが相当固い支持なのだろうと思われます。
で、固い支持に跳ね返された後の反発でドカンと上ってるわけなので、このままトレンド転換する可能性も考えておいたほうが良さそうですね(・_・)

デイトレでは60-75MAで跳ね返されて60分足が下降トレンドの下落波動に戻ったと思われたら売りを考えます。
ただ、この動きだと75MA→25MA→75MA突破に向かってトレンド転換というよく見られるパターンも十分考えられるので、売るときはよく考えて仕掛けたいですね。

寄り後の方針

60分足が下落波動に戻ったと思われる状況になるまで待ち。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:52 寄った後60-75MAで跳ね返されたような感じで下がったのですが、そこから案の定というか60-25MAで下支えになって下がりきれなくなっています。
一応5分足では次売り仕掛けのタイミングになってるんですが60分足がトレンド転換するかもしれないので難しいところです(・_・)

10:08 寄付きの高値を超えてきました。トレンド転換しそうな感じですね。

11:47 今日の値幅70円では何もできるはずもなく…( -_-)
動きが無いのでここでおしまいにします。

個人的に今週は酷い目にあいましたがまた来週頑張りたいと思います。
それではお疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: