日経225先物 2020年10月19日のトレード

60分足は上昇トレンドに転換。ただ75MAの上に大きく離れていくような展開には至ってません。
なおこれ書いてるの日曜日の夕方ですけど未だに体調不良が続いていてトレードできるかは不明です。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド (重要なPBは下降トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド?

MAの状態

【MA収斂】5 60
【収斂MAへの接触】60?

機能してそうな支持抵抗

15-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:7波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23560
前日安値:23370
60PB:23720 23690 23650 23620 23610 23570 23530 23520 23500 23480 22430 23370 23360 22420 23250 23220 23130 23120 22940 22870 22840

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23530
CME引け:23515

2020年10月19日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要はPBは引き続き下降トレンドですが、通常のPBでは上昇トレンドに転換しています。
ただ75MAの上に出てきてそこからあまり上がらずにもたついているようにも見えます。

5分足は75MAの下に出て引け、一方15分足は75MAが支持になって上昇基調にあるというような感じです。

今ひとつ方向性がはっきりしませんが、デイトレでは一応買いを考えたいと思います。
ただ寄った後60分足が75MAの下に戻るようであればまた流れがわからなくなってくるので様子見ですかね。

寄り後の方針

一応買いを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

ギャップアップであればすなわち5-75MAの上に出てくると思われるので、上昇後の調整を待ち買いを狙う。

ギャップダウンで寄った場

様子見。60-75MAからどんどん離れていくようであればトレンド転換のことも考えておく。
もっとも下がったからと言って23370を割るまではトレンドレスにすらならないので売れるかどうか?と言われると判断が難しそうですが…(・_・)

トレード内容

場中の印象

8:45 ナイトセッションの引けと似たような位置で始まりました。
特に方向性は出てないので動くのを待つ感じになりそうです。

9:02 なんか知らんけど一気に上ってきました。という事で5分足の調整後を買っていきたいと思います。

9:40 上って横の動きで高い位置に張り付いています。こういうときはブレイクで買ったほうがいいのかもしれませんが…。

10:49 (1)で仕掛けてもなんとか利確まで行けたっぽいですね。ブレイクもありかも…と直感で感じたら今後は仕掛けるようにしたいと思います。

11:55 5-25MAに接触してるんですがなかなか反発しません。
まだ頭がフラフラするので今日はここで引き上げます。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:50の足の23640超えを買う
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)9:50の足の23640超えを買う

  • 60分足:上昇トレンドの上昇波動
  • 15分足:7波動目
  • 5分足:赤1
  • B値幅:+120(+110)
  • 支持抵抗:寄付き30分の高値
  • 大きな流れ:上
  • 当日のトレンド:上
  • 日足大陽線点灯

上って横ばいになった高値をブレイクしたタイミングで仕掛けるという場面。
私はブレイク売買はやらないので見送りましたが仕掛けても間違いじゃないと思います(・_・)


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: