日経225先物 2020年11月24日のトレード

60分足は上昇トレンドに転換。ただ75MAの上には出きっていないので寄付きで突破できるかがポイントになりそうです。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド (重要なPBは上昇トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

15-75MA、60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:4波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:25750
前日安値:25420
60PB:26210 26070 25930 25900 25880 25860 25690 25650 25620 25450 25420 25410 25210 25150 24820 24380 24080

支持抵抗(弱)
ナイト引け:25700
CME引け:25935

2020年11月24日(火)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は通常のPBが上昇トレンドに転換。重要なPBは引き続き上昇トレンドなので両方の向きが揃いました。
ただ60-75MAが抵抗帯のような感じで金曜のナイトセッションは引けており、寄付きの位置が気になるところです。

デイトレでは寄り付いた場所によって作戦が変わってこようかと思います。
事前のプランをしっかり練ってそれに応じた対応をしたいですね。

寄り後の方針

寄り付いた位置で作戦を変える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

60-75MAの上に出てくるという事になるかと思います。
金曜の引け前の5分足を見ると25750のところに張り付いて上に突破を目指したものの突破できずに引けています。
寄付きでここのラインを超えてくれば前日高値の抵抗帯も突破ということでより上昇の方向に動きそうです。その場合5分足の調整後を買っていきます。なお赤3ですが新たな流れが発生という形なのでそこはあまり気にせずに買いを考えたいです。

25750を突破できない小さなギャップアップの場合はすぐに買わずに25750突破まで待ちたいと思います。

ギャップダウンで寄った場

この場合60-75MAが抵抗帯として意識されるような形になりますが、、、

15-75MAの上で収まるギャップダウンであればまだ崩れきっておらず60-75MAでフタ→15-75MA(60-25MA)で支えられる→短い時間軸の方が強い時間軸の支持抵抗よりも強力に機能するときは流れが変化する可能性あり→という見方で、上昇反転し60-75MA突破に向かうというパターンが見られそう。
ですので手前からすぐに上昇を見越して買うのは流石に難しくとも、安易に売ることだけは控えて様子を見たいと思います。

15-75MAも割り込むほどのギャップダウンの場合、60-75MAが相当固い抵抗帯として意識されつつあるような感じになりそうです。
なので少なくとも買いは当面なし。
売るかどうかですが、たとえ15-75MAを割ったとしても売りは60分足が上昇トレンドなので反トレンド方向の仕掛けになります。
無理して売る必要はないのですが、かと言って下で支えるものが25420の前日安値までほぼ何もないような状態です。
ですので私は25420までまだ距離がある位置なら売っていこうかと思います。
25420に近すぎてもう利確できるだけの余地がなさそうなら何もせずに様子見です。

トレード内容

場中の印象

8:46 大きくギャップアップで寄付きました。ということでプラン通り買いを考えるんですが、あまりにも高く寄り付いたので逆に買いにくいですね。
一応60分足の前のピーク25930が支持になるんでしょうか…。

9:24 どうやら何も考えずに買うのが正解だったようですね。
あとは寄付き10分の足の高値ブレイクで買うという根拠を採用するとかもあったかもしれませんが普段やってないことをいきなりは出来ないですしねえ。

10:25 一気に上がってしまったのでやれることがないですね。
今日は(1)のところで終わりだと思います。

12:27 今日はここで終了にします。ナイトセッションは普段とは逆に調整タイムになりそうな気もしますが時間があったら参加してみたいと思います。

お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:00の足の26010から25950を経て9:20の足の26010超えを買う
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)9:00の足の26010から25950を経て9:20の足の26010超えを買う

  • 60分足:上昇トレンドの上昇波動
  • 15分足:5波動目
  • 5分足:赤4
  • B値幅:+300(+10)-10
  • 支持抵抗:不明(60分足のピーク25930?)
  • 大きな流れ:上
  • 当日のトレンド:未定
  • 日足大陰線点灯

寄ってすぐに10円だけ調整してすかさず高値更新したところ。
買いを考えるとは言ったものの、ここ支持が全く分からずちょっとこの段階では買えないです。
一応25930の支持帯に近づいたって事なんでしょうけど、これだけでは…。


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: