日経225先物 2020年12月1日のトレード

動きがごちゃごちゃしてわかりにくくなっています。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド (重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5、60
【収斂MAへの接触】5

機能してそうな支持抵抗

5-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断

60分:下降トレンドの下落波動
15分:4波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:26890
前日安値:26370
60PB:26890 26720 26670 26640 26590 26450 26420 26400 26210 26180 26070

支持抵抗(弱)
ナイト引け:26369
CME引け:26310

2020年12月1日(火)のシナリオ

寄り前の状況

現在9:15。
寄り付き前の状態ならピークボトムズがややごちゃごちゃしているとは言え、
通常のPBも重要なPBも下降トレンドで揃っており、売りを考えていけばよい展開でした。が、寄付き後力強い上昇になっており、単純に売りを考える展開とは異なってきています( -_-)

60分足は通常のPBで上昇トレンドに転換しているので一応買いを考えてみたいと思いますが、もう少し場の状況を見て作戦を決めたいと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

10:19 やることが多くて場を見れていませんでした( -_-)
結局上昇のようですね。
すでに上がっていて今からチャンスがあるかは分かりませんが、
前日高値に向かっているので、ここに接近した時にどうなるのか注目しときたいと思います。

11:17 やっぱり夜中まで場を見てると午前にしわ寄せが来てダメですね。
10時の足のところとか、ギャップアップ→60分足トレンド転換→5-9MAまでの押し→再上昇でよくある仕掛けパターンだと思うんですが、肝心な時に見て無くて参加できませんでした( -_-)
夜中に見るとしても日付が変わる前には止めるようにしないと…。

11:40 5分足が青転して一旦上昇はおしまいとなりました。で、たしかに値幅は大きく上昇したんだけど赤2で終わってしまったのがなんか中途半端なイメージ。
結局、前日高値には全然届きませんでしたしね。

それからSQが近づいてきてだんだん端数の約定が増えてきました。
そろそろ仕掛けにくい時期になってきたようです。

11:46 ということでここで一旦終了にします。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: