FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年5月29日

ドル円ですが、これ書いてるちょっと前に4時間足で見ると下ヒゲで急激に戻しになっていますね。
円高の流れが一旦終わるかもしれませんね。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年5月29日(火)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは5月29日(火)22:55ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

4時間足は底打ちして今は上昇波動中。しかしながら60分足はMAの下に戻り、15分足は下降トレンドに転換してMAの下に出てきています。
まだ4時間足が上昇波動中なので売るわけには行きませんが、考え方としては売りを狙うような感じだと思います。

この後4時間足が下落波動に戻り次第短い足の調整後を売っていこうと思います。
まずは観察です。

前日を振り返る

4時間足が下落波動に戻った後の15分足の戻り売りという作戦でした。
早く反応する場合は14:20のところ、ちょっとじっくり慎重場合も15:05のところを売れたと思います。
このポイントは比較的やりやすそうなところだと思います。

今日のシナリオ

4時間足の下落波動が続いていますが、下ヒゲ陰線で急激に戻しが入っています。
で、これは下落が終了か?と冒頭に書いたんですが・・・。

よく見るとまだ4時間足は底打ち確定していませんし、60分足、15分足共に下降トレンドを順調に継続中。
そして日足が重要なPBで下降トレンドに転換しています。

以上を考えるとまだ円高が終わったと決めつけるのは早い、ていうか決めつけたらダメですよね。

デイトレとしては引き続き売りを考えます。15分足の今の上昇波動が終わって75MAを突破できずに下落再開・・・となるところを売りたいと思います。