FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年6月13日

ドル円は円安方向に伸びています。
大きなイベントも無事終了ということでようやく流れが出てきたんでしょうか。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年6月13日(水)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは6月13日(水)20:16ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【60分足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBで上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBで下降トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

4時間足は上昇トレンドの上昇波動中なので買いを考えたいのですが、60分足はピークが決まって下落波動中。
そして15分足はMAの下側に下がってきています。
この状態では買いはできませんので、60分足が上昇波動に戻るのを待ちたいと思います。

前日を振り返る

60分足が上昇波動に戻るのを待つシナリオでした。
で、動きを見てみると早い判断の人は昨晩21時~22時の動きで、じっくり待つ人も今日の午前2時~4時ごろの動きで60分足が上昇波動入りと判断できそうですね。
仮に昨晩の22時までに上に戻ったと考えた場合でも、その後の15分足の動きはいまいちでしたので結局仕掛けられるのはじっくり待って4時ごろまでの動きで60分足上昇波動入りと判断→15分足の調整を経て今朝の7時20分頃の足で仕掛けるという感じかもしれません。
チャンスはそこしかなかったと思います。

今日のシナリオ

4時間足が上昇トレンドの上昇波動中なので買いを考えます。
と言っても60分足がピークを付けてしまっているので今すぐには買えません。

昨日と同様にまずは60分足の調整が終わって上昇波動に戻るまで待ちます。
が、今日の場合は4時間足の上昇波動がすでにかなり長時間になっていますので、仕掛けてもカットになる可能性は昨日よりは高まっていると思います。
その辺りのリスクを受け入れた上で仕掛けを判断したいですね。