日経225先物 2018年6月6日のトレード

PB図の波動が小さくて全く信頼性に欠ける展開になっています。
デイトレに向いてないので何もしないつもりです(・_・)
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 良くわからない

○日中のみ

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ 重要なPBで上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日中総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:7波動目

※トレンド判断は日中のみ60分足の上昇トレンドを採用。

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22600
前日安値:22440
60PB:

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22520
CME引け:22515
チャートの尖ったところ:

2018年6月6日(水)のシナリオ

寄り前の状況

ナイトセッションはとにかく端数での約定が多く、また動きも小さい中で15分足の60分足のピークボトムが頻繁に決まるという信頼性に欠ける展開でした。
このような状態ではデイトレなんてできるわけ無いので今日は基本的に様子見にして無駄な手を打たないようにしたいと思います(・_・)

上は22600を超えれば買いを考える。

下は22440割れーではなく、60-75MAを割るまで売りは考えないようにしたいと思います。

寄り後の方針

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

様子見

ギャップダウンで寄った場合

様子見

トレード内容

場中の印象

10:47 相変わらず端数の約定ばかりで手が出せない状態になってます。
まあ何もしないのが最善手じゃないでしょうか。

13:14 どうやら流れとしては上になりつつあるみたいですね。
前日高値を40円突破しているのでこのまま上に行きそうな感じ。

15:45 結局上昇の一日ということだったようですが、何もせずに終了となりました。
まあSQ終わるまで休憩で良いんじゃないでしょうか。
ではまた明日m(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: