日経225先物 2018年9月10日のトレード

225先物はなんか動きがはっきりしません。
大きな流れとしては下だとは思いますが。。。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA トレンドレス


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中 日通し
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

機能してそうな支持抵抗

日通し60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:8波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22440
前日安値:22180
60PB:22430 22560

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22330
CME引け:22345
チャートの尖ったところ:

2018年9月10日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は下降トレンドの上昇波動。限月切り替わりと重なっていて日通しのつなぎ足だとちょっと流れがわかりにくいです(・_・)

2018年12月限の60分足チャートを見てみると75MAががっちり機能していて抵抗体になっています。
ですので寄った後は下がることが期待できそうです。

12月限のチャートも見比べながら判断していきたいですね。

寄り後の方針

売りを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見

ギャップアップで寄った場合

12月限60-75MAを超えてきた場合は流れがおかしくなってくるので様子見

ギャップダウンで寄った場合

下落が再開と考えて売りを狙う。5分足の調整待ち。

トレード内容

場中の印象

8:45 低く寄せてきました。60分足も下落再開の可能性が高いと考えて、戻り売りに備えたいと思います。

9:19 戻しが妙に大きいのといまだに端数の約定が出てますね・・・。うーん( -_-)

9:33 5分足は赤転してしまいました。だめだこりゃ( ´Д`)

10:23 なんかSQ終わったのになんでこんなに端数約定がやたらめったら多いんだろう、おかしい・・・と思ってたら、

SQは来週9月13日でした( -_-)

9月の二週目の木曜だと思ってたんですが2回目のようですね・・・どうりで約定がおかしいと思った・・・。

ということで、SQ目前ということで今日もまともな動きにならなさそう。。。

なので、今週もほとんど様子見になると思います・・・( ´Д`)

12:32 トレンドがなく約定も端数のため仕掛けポイントを探りにくい状態。
ということで、今日はこれ以上見ていても仕方無さそうなので終了にしたいと思います。

お疲れ様でしたm(_ _)m

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: