日経225先物 2018年10月31日のトレード

10月ももう終わり。
225先物はナイトセッションでやや膠着でしたが、上昇してヨコのような展開になっています。
今週の目標:シナリオをより綿密に立て、立てた内容に従う!
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 下降トレンド

○日中のみ

60分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日中総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】日中15 日通し5 15 60
【収斂MAへの接触】日中 日通し
【MA通過後初接触】日中 日通し

機能してそうな支持抵抗

日通し 60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:7波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21500
前日安値:20800
60PB:21500 21490 21080 20790

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21640
CME引け:21010
チャートの尖ったところ:

2018年10月31日(水)のシナリオ

寄り前の状況

まずトレンド判断ですが、日通しの60分足は直近最安値が20790でその前のピークが21790。ここを超えていないのでまだ下降トレンドのままです。
が、どうも動き自体は上がってから横の動きで再上昇に備えているようにも見えます。。。

判断が難しいのですが、一応60分足が下降トレンド中なので買いは様子見。
とりあえず観察から入ろうと思います。

寄り後の方針

様子見でスタート。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場合

トレード内容

場中の印象

10:46 朝から原稿書きで場を見られず( ´Д`)
で状況としては、60分足がまだ重要なPBで下降トレンドという事を優先させたのでここまでまだ見送りで正しいと思います。
実際には割と勢いよく上がってるので買っていれば・・・というふうにも見えるんですが、ルールはルールなのでそれをしっかり守るだけですね(・_・)

10:51 21790を超えたことで60分足が重要なPBで上昇トレンドになりました。
ということで、ここからは買いを考えていきます。

13:17 上がって入るんだけどなんかこう違うんですよねえ。
リズムがないと言うか・・・(´・_・`)

シナリオと結果を振り返る

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: