日経225先物 2019年3月25日のトレード

225先物は一気に下がってきましたね。
今週の目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!、当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

5-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの下落波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21498
前日安値:20920
60PB:21490

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21490 21250 21250 21240 21090 20980
CME引け:
チャートの尖ったところ:

2019年3月25日(月)のシナリオ

寄り前の状況

やっと大きな動きが出てきた感じです。
60分足は下降トレンドで、今15分足が5波動目。5分足は75MAできれいに跳ね返されたという状況です。
5分足は青1ですし、寄った後下落を見て売っていきたいと思います。
とにかく流れに乗って売ることに集中したいですね。

…というのがシナリオなんですが、、、
熱は下がったものの今度は急に喉の調子がおかしくなってゲホゲホ言ってます( ´Д`)
動きが出たのでなるべくトレードに参加したいのですが、体調が無理っぽいなら月曜日もお休みにします…。

寄り後の方針

売りを考える。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

5分足が青1後の戻しになっているので下向きになったら売っていく。

ギャップアップで寄った場合

21000を超えてくると戻しとして少し大きすぎる気がするので注意。
ただ、寄り付き直後に荒れているだけかも知れないのでその辺りを慎重に見極めたい。

ギャップダウンで寄った場合

下落再開と判断して戻り売り。

トレード内容

場中の印象

9:20 寄った後少し上に向かった後、一気に下がってきています。9:10の足のところは売れなかったので、次の戻りを待って売りたい。

11:13 コンディションがまだイマイチで、原稿作成に手間取ってようやく落ち着きました( ´Д`)
結局寄りからの下落が大きすぎてその後の戻し後の再下落は不発だったようですね…。
ただ、現在すでに5分足は赤転後すかさず再青転になっていますのでここからまだチャンスがありそうです。

13:22 (1)のところは勢いを感じられなかったので見送りました。
もう今日はチャンスこないかもしれないですね。

13:25 まだ風邪が完全に治ってないので今日はこのへんで終了にします。
お疲れ様でしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)12:20の足の20680から20740を経て13:20の足の20720割れを売る

売買の判断理由

(1)12:20の足の20680から20740を経て13:20の足の20720割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:7波動目
・5分足:青1
・B値幅:-60+40
・支持抵抗:?
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:下
一応5分足は青1後の初戻しではありますが…。
抵抗帯が全く分からないのと、下落が-60に対して戻しが+40とかなり大きいんですよねえ。。。
あまりいい場所とも思えなかったので見送りました。

売買譜

(1)
– –
– –
小計:
本日合計: