日経225先物 2019年7月17日のトレード

60分足は重要なPBで下降トレンドになってしまいました。
これ以上下がると日足も75MAを割り込みますが…(・_・)
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】
【MA通過後初接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA 60-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:6波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:21620
前日安値:21430
60PB:21700 21690 21660 21630 21620 21570 21560 21570 21460 21440 21430

支持抵抗(弱)
ナイト引け:21480
CME引け:21475
チャートの尖ったところ:

2019年7月17日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで下降トレンドに転換。よって売りを考えていきます。
ただ現在上昇波動で調整中なので、まずはこの調整が終わるのを待ちたいですね。

日足の75MAが真下に迫っているのでここは固いんじゃないかなぁという気もするんですが、一方でこの75MAには傾きが無いのであまり機能しないような気もします(´・_・`)

日足75MAを割れば一気に下がるのかもしれません。

寄り後の方針

60分足が下落波動に戻るの待ってから売る。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

8:52 寄り付きから下がって前日安値かつ60分足のボトム突破を目指しそうな展開です。
一気に21430を割ってくればそのまま下がってしまいそうですね。
一方下がらずに調整に入ると抵抗として固そうな印象になるかも。

9:44 下がり続けて日足の75MAも一瞬割り込んだような感じに。ただその後割とすぐに反発したのが気になりますが。。。

10:44 10時過ぎのところを見ておらず…。
ここチャンスでしたね…( -_-)

13:40動きがあまり無くなってきました。
今日は10時過ぎのところがビッグチャンスでしたねえ。
結果下がったからではなく、ここはトレンド転換した直後、日足の大陰線のサインも点灯、5-25MAタッチと条件が揃いまくってたので、もし見てたらここは絶対に売らないと行けない場面だったと思います。

ということで今日はおしまいにします。お疲れ様でしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: