日経225先物 2019年11月13日のトレード

60分足は重要なPBでまた上昇トレンドに戻っています。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】15 60
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:1波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23580
前日安値:23310
60PB:23640 23490 23380 23370 23300 23250 23240 23220 22990 22650

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23440
CME引け:23470
チャートの尖ったところ:

2019年11月13日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで上昇トレンドになっていて、今はその下落波動で調整中。
ですが、調整の初期で既に60-75MAに接触するような有様で、どうも上昇波動の時の勢いが足りなかったような感じです。

デイトレとしてはこの後60-75MAで反発して60分足が上昇再開になった後の買いを考えたいんですけど、そうなると60分足の調整としてかなり短期なので可能性として難しいんじゃないかなあと思います。
逆にもしこの超短期で調整完了の動きになればそれはかなり上昇トレンドが強いという事になりますので早い段階から買っていけそうでもあるのですが。

逆に下がってしまって60-75MAを割ってきた場合はまたトレンドがおかしくなりそうなので様子見にします。

寄り後の方針

買いを考える。60-75MAを割ること無く上昇再開できるかに注目。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:27 崩れてしまいましたね。ダメだこりゃ( ´Д`)

11:23 下がっています。しかし60分足のボトムをすぐに試すという感じでもなく、何となくじんわりという感じでしょうか。

5分足は青6でまた60分足のボトムが近いので今からはもう下落に乗れません。

早いですけど、もう出番はなさそうなので今日は引き上げます。
お疲れさまでしたm(_ _)m

もう少しトレンドがはっきりしてほしいですねえ( ´Д`)

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: