日経225先物 2019年11月14日のトレード

結局60分足は重要なPBで下降トレンドになりました。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
MA 下降トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA トレンドレス


日通し総合 下降トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】15

機能してそうな支持抵抗

60-25MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:下降トレンドの上昇波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23450
前日安値:23160
60PB:23640 23490 23380 23370 23300 23250 23240 23220 23160 22990 22650

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23310
CME引け:23330
チャートの尖ったところ:

2019年11月14日(木)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで下降トレンドに転換。
現在は上昇波動で調整中となっています。
現在60-25MAが抵抗になっているような感じですが、75MAも近いのでこの2本の抵抗のところで上げ止まって下落再開になれるかがポイントですね。

デイトレとしてはこれらの抵抗帯のところで60分足が下落再開(と思われる状態)になるのを待って、短い足の調整後を売っていこうと思います。

寄り後の方針

売りを考える。60-75MAまでで上昇が止まらない場合は様子見に切り替え。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

9:11 15分足の動きを見ていると、なんだか本当に下降トレンドが続くんだろうか?って感じになっています。
ただまだここから大きく下がれば、あとから見た時にMAの収斂ポイントに下から当たって下がったという事にはできそうですが…。

10:10 15-75MAの下になかなか戻れません。下がってはいるんですが…。

10:55 60-75MAに到達。下降トレンドが継続するならここからすぐに下がって欲しいところです。

11:43 一気に下がってきました。60分足のボトムも下抜いたので下降トレンドの下落波動再開ですね。

12:34 (1)のところ電話してたらタイミングを逃してしまいました( -_-)
次のチャンスとなるともうかなり時間かかりそうなので今日は引き上げます。

下でも書いたんですけど、明日また朝から病院に行くのでトレードはありません。
それではお疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)11:50の足の23090から23210を経て12:40の足の23180割れを売る

売買の判断理由

(1)11:50の足の23090から23210を経て12:40の足の23180割れを売る
・60分足:下降トレンドの下落波動
・15分足:1波動目
・5分足:青1
・B値幅:-240+60
・支持抵抗:5-25MA
・大きな流れ:下
・当日のトレンド:下

下落幅とそれに対する調整幅が通常よりも大きいですが、それ以外は良さそうなポイントです。
仕掛けたいところだったのですが…、明日の病院の予約電話してたら仕掛けタイミングが過ぎてしまいました( -_-)
なのでやむを得ず見送りです。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: