日経225先物 2019年11月18日のトレード

60分足は重要なPBで上昇トレンドへと変化しています。
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 60
【収斂MAへの接触】5

機能してそうな支持抵抗

5-75MA

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23400
前日安値:23120
60PB:23640 23580 23360 23220 23160 23000

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23360
CME引け:23365
チャートの尖ったところ:

2019年11月18日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は重要なPBで上昇トレンドに転換。
そして23400という価格を2回チャレンジしてそのまま引けています。
この23400円がひとつポイントになりそうですね。

60分足のチャートを見ると、上昇して75MAの上に出る→その後横ばいをしながらなんとか75MAの上側を保つ→再上昇というのが今の状況です。
したがって60分足の上昇波動としては結構時間も長いんですが、横の動きで調整が済んでいると考えても良いのかなぁと思います。

ですので月曜日は寄った後すぐに上がるようでしたら新たな段階が始まったと考え、早めに買っていこうと思います。

逆に下がって寄り付いて60-75MAを割ってしまうような動きが出た場合、今度は23400円のラインが相当固い抵抗帯になりそうです(・_・)
その場合は安易に買わずに様子見重視にしたいと思います。

寄り後の方針

基本的に買いを考える

ナイトセッション引け付近で寄った場合

買いを考えるができれば23400円超えた後の押しを狙いたい…というのが普通の心理だと思うんですけど、それだといつも遅くなる気がするので、寄り付き30分のライン突破で仕掛けることも検討したいと思います。

寄り付き10分のライン突破で仕掛けるってのもアリかもしれないけど、それはちょっと自分には難しそう( -_-)

ギャップアップで寄った場合

23400を超えて寄った場合は新たなステージ突入と思われるので積極的に5分足の調整後を買っていきます。
それ未満のギャップアップでも5分足の様子を見ながら買っていくチャンスを狙いたい。

ギャップダウンで寄った場

多少のダウンならまだ買い目線で観察。
ただ60-75MAまで下がったり、万が一75MAも割り込むような場合は60分足のピークが決まるかもしれないので様子見重視にします。

60-75MAの下側にどんどん下がるような展開でも一応重要なPBでは上昇トレンドのままですが、勢いよく崩れそうですので売りも考えてみたいです。

トレード内容

場中の印象

9:35 寄りから見てたんですが、全然上がってこずにダメみたいですね。
60分足の75MAを試すような展開ですが、60分足のピークが決まってまだ下がりそうな雰囲気になっています。
75MAを割っても重要なPBで上昇トレンドというのは変わらないんですが、かと言って買いを考えるのはなんだか違うような雰囲気になってきそうです。

13:11 今日ずっと忙しくて全然場が見られませんでした( -_-)
もしチャンスがあるとしたら5分足が75MAの上に出てきて23430をつけて、その後75MA接触で23350をつけた後、12時前にちょっと上に出たタイミングで買う…とかでしょうか。

ただ、このポイントも+90-40で押しが微妙に深すぎてちょっと買いにくいんですよねえ( -_-)
結局見てても私には手が出せなかったと思います。

ということで今日はここで引き上げます。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: