日経225先物 2019年12月9日のトレード

60分足は金曜日のナイトセッションで一段上の段階に上がっています。
SQまでのんびり過ごすのかと思ったら予想外にアグレッシブです(・_・)
目標:なるべく仕掛ける回数を増やす!当分午前中のみ参加。

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60分足の25MAと75MAの中間線、15-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:8波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23560
前日安値:23310
60PB:23590 23440 23390 23380 23260 23250 23060 22900

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23530
CME引け:23530
チャートの尖ったところ:

2019年12月9日(月)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドが継続。しかも金曜日のナイトセッションで途中から更に上昇と言う感じで強い動きになっています。

SQが近いので端数の約定も確かに多く、ちょっとトレードしにくさはあります。
が、上昇しているので買いのチャンスでもありそう。

デイトレとしては5分足の調整後を狙って買っていこうと思います。
ただし、端数の約定ががあまりにも多い場合は無理はしないで様子見ですね。

今5分足は下がっているので、これが再上昇して、まだ上に向かいそうな場合は調整後を買い。
ただし、60分足の上昇時間が既に長く、また60分足の上昇波動に内包される15分足は8波動目といつピークになってもおかしくはありません。

寄りからよほどのギャップアップになって更に上のステージに入った…ということでもない限りは、しっかり支持抵抗にからんで反発したところを狙うようにしたいと思います。

寄り後の方針

買いを考える。5分足が75MAの上に出て大きく上がっていく動きを待ってから調整後を狙う。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見。

ギャップアップで寄った場合

前日高値23560を超えてくれば更に上昇する可能性があるので5分足の調整を待ってから買い。
それ未満のギャップの場合は様子見からスタート。

ギャップダウンで寄った場

一旦買いは中断。
60分足のピーク確定に繋がるような下げになるかよく観察する。
もしも15-75MAを割り込むような動きの場合は60分足の下落波動確定と仮定して、その下落に乗れないかどうか検討する。

トレード内容

場中の印象

8:45 金曜の引けを踏襲するような位置でスタート。しばし様子見ですね(・_・)

9:08 下がってます。60分足のピークが決まりそうなんで売りを考えてみたいと思います。
が、60-75MAって割と近いので売っても利確できる余地があるのかはちゃんと考えて仕掛けたいところ…。

11:28 忙しくて全然場が見られず…。
ただもし見てたら10:50の足で5分足が下向きになったところを売ったと思います。
結果的にアウトでしたが…( -_-)

それから端数約定ががやっぱり多いですよね。
これがあるので、SQ付近はやりづらい→見てるだけが良いんじゃないか?って気になるんですよねえ( ´Д`)

12:24 端数の約定ばっかりですね。
これだと仕掛け判断時にいつもと違うので感覚がおかしくなってしまいます。
また流れ的にも60分足は下落波動だと思うんだけどなんかもう下落も鈍ってきたようなのでここから5分足見て売れるか?と言われると、うーん( -_-)という感じです。

また夜に動くかもしれないのでそちらに期待して日中の部はここで引き上げます。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)

売買の判断理由

(1)
・60分足:
・15分足:
・5分足:
・B値幅:
・支持抵抗:
・大きな流れ:
・当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: