日経225先物 2020年6月18日のトレード

60分足は結局上昇トレンドになりましたね。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君、P=ピーク、B=ボトム

ピークボトム図

23180から左の方は6月限のデータなので大まかな目安で。

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:22720
前日安値:22180
60PB:23110 22720 22650 22570 22430 21560 21330

支持抵抗(弱)
ナイト引け:22430
CME引け:22460
チャートの尖ったところ:

2020年6月18日(木)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は結局上昇トレンドに転換。なので買いを考えていきます。

ただ、今の状況は60分足が下落波動中なのですぐには買えなさそうですね(・_・)
しかも15分足も5波動目で今から下落に乗るのも遅いような感じです。

ということで、まずは60分足が上昇波動に戻るのを待ちたいのですが、
15分足が75MAを割り込んでいて、すぐに上昇波動に戻れるのか微妙な雰囲気です。
寄り付きでギャップアップにでもなって15-75MAの上に出てくれれば良いのですが…。

寄り後の方針

書いを考えるが60分足が上昇波動に戻るのを待つ。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

8:46 ギャップアップどころかギャップダウンで更に下がって始まりました(›´ω`‹ )
ちょっとこれじゃあすぐには買えないみたい。
60-75MAまでの調整も考えておいたほうがいいかもしれない。

10:33 60分足のボトムを割り込んで60分足がトレンドレスに転換。重要なPBでは下降トレンドに転換です。60-75MAも割り込んでいるので売りに切り替えます。

ただ、今から売りに切り替えてももう下がりすぎてて、ちょっと乗れないですよねえ( ´Д`)

11:03 5分足の調整になっています。ただ-200に対して+70とすでに戻しのサイズが大きすぎ、私の仕掛けルールの対象外です( -_-)
下落に対して相対的には大きな戻しではないという解釈もあろうかと思いますが、それをいい出したらきりがないので、次に5分足が下向きになってもルール上仕掛けはやめておきます。

11:44 日足とか200日線と25日線が交差したところにあたってるので、もっとドカンと上に行かないとおかしいのに、逆に下がってしまってますよね。
勢いが無くて変な印象です。

ということで、今日は結局60分足がトレンド転換になってしまい何も出来ませんでした。
私のやり方だとトレンド転換のところはどうやっても取れないので仕方ないかと思います( ´Д`)

明日はまた病院に行かないといけないのでノートレードの予定です。
それではおつかれさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: