日経225先物 2020年9月15日のトレード

限月切り替わりの分もだいぶうまく吸収されて、PB図もきれいな状態になってきました。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド(重要なPBは上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
MA 下降トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断。60分・15分はPB図、5分はGBに基づく。

60分:上昇トレンドの下落波動
15分:5波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23420
前日安値:22270
60PB:23420 23151 23110 22720

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23290
CME引け:23305

2020年9月15日(火)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドの下落波動で調整になっています。
ただ、この調整で15-75MAを下抜いてしまっていて、少し形が崩れてしまっている印象です。
強い上昇トレンドであればここを割り込まずに調整完了から再上昇になるんですが、抵抗帯をあっさり割り込んですぐに戻っても来ないのでそこまで強くないのかもしれません。

デイトレとしては60分足の調整が終わって上昇波動に戻ったような雰囲気になった後の買いを考えます。

とはいえ、60-25MAも割っている状態ですし、あんまりすぐに反発しそうな雰囲気にも見えませんので、60分足の調整が続くようであれば5分足や15分足の動きを見て売りも考えてみようかと思います。

寄り後の方針

60分足の調整がまだ続くようであれば売りも考える。
基本は60分足が上昇波動に戻った後の買い。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

様子見。

ギャップアップで寄った場合

15-75MAを超えてくるようであれば60分足の底打ちになる可能性が高いので買いを考えていく。
それ未満のギャップであれば様子見。

ギャップダウンで寄った場

60分足の調整波動がまだ続く感じになるので売りを考えていく。
5分足の調整後を狙う。

トレード内容

場中の印象

9:16 急に下がってきましたね。(1)のところは仕掛けタイミングの瞬間にははんとも判断できない状態だったので見送りました。これは売れなくても仕方ないかと。
逆にここを自信を持って売ったという人はすごいと思います…(・_・)

11:22 60分足は底打ちしたのかなぁというような感じですが、まだ5分足が75MAの上に出てこないんですよねえ。
ですのでまだ今のところは買うに買えないという感じです。

11:43 結局5-75MAを超えられずに終わってしまいました。
ここをさっさと超えてくれれば押しの後を買えたのでしょうけど…。

というところで今日は引き上げます。
今日は現実的に見て仕掛けどころは無かったと思います。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:00の足の23270から23310を経て9:20の足の23280割れを売る
(2)9:20の足の23200から23250を経て9:40の足の23210割れを売る
(3)

売買の判断理由

(1)9:00の足の23270から23310を経て9:20の足の23280割れを売る

  • 60分足:上昇トレンドの下落波動
  • 15分足:5波動目
  • 5分足:青1
  • B値幅:-20(-10)+10
  • 支持抵抗:5-75MA?
  • 大きな流れ:上
  • 当日のトレンド:未定

5分足青1から下落再開の場面。
一応60分足の下落波動が続くようであれば売るというプランではありますが
-10+10でまだなんとも判断がつかなかったので見送りました。


(2)9:20の足の23200から23250を経て9:40の足の23210割れを売る

  • 60分足:上昇トレンドの下落波動
  • 15分足:5波動目
  • 5分足:青2
  • B値幅:-80+10
  • 支持抵抗:5-9MA
  • 大きな流れ:下
  • 当日のトレンド:未定

(1)の下落の後調整に入ってまた再下落した場面。
5-9MAタッチで下落なのでそこそこ勢いが続いてそうです。
が、ここ、すでに60-75MAが下にあって距離もあまりありません。

利確まで持っていけるかが微妙な気がしたので見送りました。

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: