FX ドル円チャート(USD/JPY)分析ー2018年7月24日

ドル円は下落が一旦止まって4時間足の調整波動に入っています。
現在、4時間足の25MAで上昇が止められているので、ここから下落再開できるかに注目です。
スポンサーリンク

USD/JPY 2018年7月24日(火)の分析

FX ドル円 チャート分析・トレンド判断

※チャートは7月24日(火)18:28ごろのものです。

【15分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り下げ 下降トレンド
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:トレンドレス

【60分足】

ピークボトム図:高値切り下げ 安値切り上げ トレンドレス
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【4時間足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り下げ トレンドレス(重要なPBは下降トレンド)
移動平均線:下降トレンド
ストキャスティクス:下降トレンド

【日足】

ピークボトム図:高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
移動平均線:上昇トレンド
ストキャスティクス:上昇トレンド

FX ドル円 トレードのシナリオ

昨日のシナリオ

4時間足が下降トレンドに転換したのが金曜日の分析の時点。
その時はまだ価格が75MAの上側でしたが、その後一気に崩れてMAを割り込んできました。

方針としては売りを考えたいところですが、60分足の調整になっているので今すぐには売れません。

60-25MAのところが抵抗になり下落再開となれば売りに備えたいと思います。
その際も15分足の調整を待ってから売りですね。

前日を振り返る

15分足が上昇してMAの上に出てきました。これでは売ることができないので何もしていません。

今日のシナリオ

4時間足の調整に入っていて25MAタッチとなっています。

この後下落してくれば4時間足の調整完了とみなして売っていきたいですね。
60分足はトレンドレスになっていますが、この後ボトムを下抜けば4時間足も下落波動に戻ったと判断し、15分足の調整後を売っていきたいと思います。