日経225先物 2020年10月21日のトレード

60分足は上昇トレンド継続中ですが、値動きが歪でやりにくい状態が続いています。
スポンサーリンク

日経225先物 チャート分析

以下全て PB=ピークボトム、MA=移動平均線、GB=ガビガビ君

ピークボトム図

トレンド判断

●日通し

60分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド (重要なPBも上昇トレンド)
MA 上昇トレンド


15分足

PB 高値切り上げ 安値切り上げ 上昇トレンド
MA 上昇トレンド


日通し総合 上昇トレンド

MAの状態

【MA収斂】5 15
【収斂MAへの接触】

機能してそうな支持抵抗

60-75MA

寄り前のトレンド状況

特に記載がなければ日通しで判断

60分:上昇トレンドの上昇波動
15分:8波動目

支持抵抗帯

支持抵抗(強)
前日高値:23660
前日安値:23500
60PB:23720 23710 23690 23650 23620 23610 23570 23530 23520 23500 23490 23480 22430 23370 23360 22420 23250 23220 23130 23120 22940 22870 22840

支持抵抗(弱)
ナイト引け:23590
CME引け:23590

2020年10月21日(水)のシナリオ

寄り前の状況

60分足は上昇トレンドが続いているのですが、昨日23490で底打ちした後の上昇が鈍く、高値更新できずに時間だけが過ぎています。
本来なら上昇トレンドの上昇波動なので23710突破に向かって上っていかないとおかしいんですが、そういう雰囲気にすら至ってません(´・ω・`)

デイトレの方針は買いですが今は方向感が無いような状態なので5分足で75MAの上に大きく離れていくような展開を待ちたいと思います。

逆に下がった場合ですが、23490を割るまでは下降トレンド転換も無いですので売りもまた難しそうな感じです。

寄り後の方針

買いを考えるが大きな動きが出るまでは待機。

ナイトセッション引け付近で寄った場合

ギャップアップで寄った場合

ギャップダウンで寄った場

トレード内容

場中の印象

8:46 ナイトセッションの流れを引き継いだ寄付き。
こりゃしばらく様子見っぽいですね。

9:56 高値更新して23660の仮の高値を突破。これは期待できるのでは?と思ったんですが、その後の押しが妙に深い。
ちょっとこれだと仕掛けられないですね…。

10:30 +90の上昇に対して押しが-60なのでこれだとルール範囲外。
ですので次に5分足が上向きになっても見送ります。
これでは今日も出番が無く終わりそう…( -_-)

11:44 結局午前中って値幅90円なんですよね。これじゃあデイトレは無理ですわ(´・ω・`)
膠着して動きが出ないので終了とします。
お疲れさまでしたm(_ _)m

エントリーの判断

(1)9:30の足の23680から23590を経て10:50の足の23620超えを買う
(2)
(3)

売買の判断理由

(1)9:30の足の23680から23590を経て10:50の足の23620超えを買う

  • 60分足:上昇トレンドの上昇波動
  • 15分足:9波動目
  • 5分足:赤1
  • B値幅:+90-70
  • 支持抵抗:5分足MAが収斂したポイント
  • 大きな流れ:上
  • 当日のトレンド:未定
  • 日足大陽線点灯

5分足MAが収斂したポイントで支持されるというわかりやすい支持抵抗から反発した場面。
60分足が上昇トレンドの上昇波動、なおかつ5分足は赤1後の初押しから上昇再開なので買うところではありますが、押しがあまりにも深すぎます( -_-)
完全にルール範囲外なので見送りました。


(2)

  • 60分足:
  • 15分足:
  • 5分足:
  • B値幅:
  • 支持抵抗:
  • 大きな流れ:
  • 当日のトレンド:

売買譜

– –
– –
小計:
本日合計: